肌荒れは主に、体内の水分不足や肌の乾燥、偏った食生活などによって引き起こされ、大人尋常性瘡や吹き出物、顔のくすみなどのようなトラブルが顔に出てしまうことをいいます。そして、この肌荒れ(あまりにもひどい時には、皮膚科での治療が必要でしょう)に密接に関わってくるのが毎日の食事です。偏った食事をしていると、肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。逆に、きちんと栄養バランス良く食事をして、肌荒れを改善したり予防する食べ物を積極的に摂ると、肌荒れにとても効果があります。では、具体的に、どのような食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)が肌荒れに効くのでしょう。まずは、にんじんやウナギ、カボチャなどに多く含まれるビタミンAです。ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)Aは肌荒れに非常に効果があるもので、主に肌の乾燥を防ぎ、しわなどの予防にも効果があります。鶏レバーや豚レバー、ナチュラルチーズなどにも多くふくまれているのです。また、ビタミンAを含む食品は割と高カロリーな食品が多いので、そこが気になる人にはモロヘイヤやほうれん草などに含まれるβカロテンの摂取をお勧めします。βカロテンは摂取するとビタミンAに交換されるので、ビタミンA同様に肌荒れへの効果があります。次に、アーモンドやほうれん草、鶏ささみなどに多く含まれるビタミンEです。ビタミンEには抗酸化作用があるので、肌荒れ改善効果が期待できるだけでなく、体全体の老化防止にもつながります。そして、キウイやパセリ、レモンなどに多く含まれるビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)です。ビタミンCは弾力肌を作るために欠かせないコラーゲンの生成を助ける働きがありますし、ニキビ(成人していると、ニキビではなく吹き出物と表現することが多いでしょう)痕などと言った色素沈着(原因としては、日焼け以外にも、加齢やホルモンバランスの乱れなどがあるでしょう)の防止にも有効ですー